採寸

最適なユニフォーム選びのための採寸方法

  • HOME
  • 正しいサイズの測り方

服は身体に合ったものを着るのが基本です。大きすぎても小さすぎても、ちぐはぐで貧相に見えますが、時代により好まれるプロポーションは少し異なり、例えばローライズが流行れば、トップスは小さ目が好まれたりします。また 人によって適度と感じる被服圧(締め付け具合)が異なること、上下でサイズが違うのも当たり前のことです。毎日着用する服だからこそ正しくサイズを測り気持ち良く、そして美しく着こなしてください。

A.バスト バストの一番高い位置を通るようにして、メジャーを水平に回して測ります。この時、あまり締めつけない様に注意してください。
B.ウエスト 着用しているスカートのウエストベルトの周囲を水平に、ゆるみをつけずに測ります。
C.ヒップ お尻の一番高い位置を水平に測ります。下腹部、太ももが発達している人の場合は出ている分を見越して、寸法が不足しない様に測ります。
D.スカート丈 着用しているスカートの後ろ中心位置で、ベルト下縫い目から裾まで(カーブベルトスカートは後ろ中心位置で上端から裾まで)を測ります。
E.肩巾 肩先から肩先までを、衿の付根を通して測ります。
F.袖丈 腕を自然に下げた状態で、肩先から手くるぶしのかくれる位置までを測ります。
G.背丈丈 衿の付根から背中心を通して、ウエストまでを測ります。
H.上着丈 衿の付根から上着の裾までを背縫い線に沿って測ります。着用者の好みや流行によって異なりますが、椅子に掛けた時に、背筋を伸ばした状態で衿の付根から椅子までの距離がノーマル丈となります。

※普段着用されている下着やインナーを着用して測っていただくと、実際に制服を着用された際、ズレなく快適に着て頂けます。
※サイズは呼称が同じでも、メーカーごとに実際の大きさは異なります。実はサイズ設定は基本パターン設定とともに、シルエットや包含率(同じサイズでどのくらいの体型までカバーできるかの目安)に大きく影響します。そのため、ブランドコンセプトが違えば、サイズ規格が違うことがあります。
※ご購入を検討される際は必ず、サイズ表をご確認ください。

1.胸囲 脇から脇までをまっすぐ測ります。
2.肩幅 肩先から肩先までをまっすぐ測ります。
3.着丈 背中の中心を衿の下から裾までまっすぐ測ります。
4.袖丈 肩先から袖の先までをまっすぐ測ります。
5.ウエスト ズボンのホック(ボタン)を止めてゴムをのばさないようにしてはしからはしまでをまっすぐ測ります。
6.股下 股の最上位から裾までをまっすぐ測ります。
※総丈 腰から裾までをまっすぐ測ります。
下記の表は目安となる体型を表示しております。

サイズ S M L LL 3L 4L
身長 150~160 160~170 170~180 175~185 175~185 175~185
胸囲 78~86 84~92 90~98 96~104 102~110 108~116

お仕事から探す